カテゴリー
法座

彼岸会 説教

3月21日、22日は春季彼岸会の御法座でした。

1月の御正忌法座と2月の御紐解法座は、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から休座させていただきましたので、本年初めての御法座となりました。


各座ともに、ご参詣の皆様とともに正信偈をお勤めさせていただき、安佐北区深川 明光寺よりお越しいただきました 牛尾かおり師より、ご法話をいただきました。


「必得往生」

お念仏に出遇わせていただいた私たちは、かならずお浄土に生まれさせていただく。その大安心をいただいていることを、やさしくていねいに、お話くださいました。


皆様とともどもにお勤め、お聴聞をさせていただきながら、改めて、ご法縁の場にながれるあたたかい雰囲気を有難く味わうひとときでした。

また、御法座を営むにあたり、前日の清掃活動や幔幕張りなど、仏教壮年会・婦人会の皆様にもご尽力いただきました。
この場をお借りして、重ねて御礼申し上げます。

来月の徳正寺常例法座は、4月19日、20日の永代経法座です。

どなた様も、お誘い合わせの上ご参詣ください。

「彼岸会 説教」への2件の返信

久し振りの法座 皆さんと集まりお話を聞かせていただくのは楽しいです。早くコロナ禍が収まり毎月行われるといいですね。                メールアドレス変更しました。

この度の御法座も、お参りくださりありがとうございました。
コロナに遠慮せず法座が営める日が待ち遠しいですね…。
来月の永代経も無事に開催できることを念じるばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。