カテゴリー
行事

除夜会・元旦会

2021年の元旦のように薄っすら雪化粧となった大晦日の朝、仏教壮年会有志の皆さまが集ってくださり、本堂・鐘楼門・庫裡玄関に幔幕を張ってくださいました。

おかげさまで、徳正寺の年越しの準備が無事に整いました。

そして、除夜会〜除夜の鐘

23時半から若院が般舟讃のおつとめをし、それに引き続いてご参詣の皆さまが順番に鐘を撞いていかれました。

本堂で、ご参詣の皆さまにはお焼香をしていただきました。今回の除夜〜元旦のお焼香用刻み香は、若院が個人的にお取り寄せしたちょっとだけ特別なお香。ご参詣の皆さま、いかがだったでしょうか?ホームページからは香りをお伝えできないのが残念です…。
鐘楼門に上がっていただくための列が…

こうして、この度も、108つの鐘を撞かせていただきました。

正の字で108のカウントをしました

そして翌朝、7時より元旦会のおつとめ。


徳正寺で元旦会を勤める時間は、黒瀬町において初日の出が見える頃です。
例年、お勤めが終わった頃に外が明るくなっていくところに、元旦を迎えたことを深く味わうひとときをいただいています。
特に今年の元日は、気持ちの良い快晴でしたね。

おかげさまで、迎えさせていただいた2022年(令和4年)。
皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

徳正寺からのお知らせを受け取りますか? 受け取る 要らない