カテゴリー
法座

盆会

8月15日、16日と、盆会をお勤めいたしました。
ご講師には、広島市中区・永光寺の永光聖法師にお越しいただき、お説教をいただきました。

「きくは報恩、きかぬは忘恩」のことばをもとに、四恩をはじめとしたご恩の受け止めについてのお取り継ぎ

今年の盆会は、全国的に大雨が続いているなかでの開催でしたが、ちょうど、法座の営まれる2日間は晴れ間が見える穏やかな天気となりました。

ただ、初日のお座は、吹き込んだ雨水で本堂の廻り縁や向拝(ごはい)の階段、渡り廊下などはずぶ濡れの状態でした。
前日の清掃活動も、仏壮仏婦の皆様に足元の悪い中ご尽力いただきました。




また、この度の盆会に先駆けて、藤田さんご家族より本堂の向拝階段に手すりをご寄進いただきました。

向拝の両脇に新設の手すり


これまで「足が悪くなったので本堂に上がるのが難しい。手すりがあれば…」との声を多くいただいておりながらも、それにお応えできておりませんでした。


それだけに、藤田さんから徳正寺へのご寄進のお申し出によって、手すりを設置させていただけたことは、とても有り難いものでした。


おかげさまで、盆会にお参りくださる方々も利用されながら「これは良いね!」「安心」「とても助かるわ」と、喜ばれていました。


重ねて御礼を申し上げますとともに、今後も末永く大切にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です