カテゴリー
徳正寺納骨堂 勝縁廟

内装

外装の工事と並行して、内装工事も行われていきました。
まずは、壁面が整えられていきます。

グラスウール断熱材がしっかりと敷き詰められ
石膏ボードが貼られました。
ボードとボードの間など、クロスを貼る位置まで目地埋めが施され
壁紙が貼られていきます。シワなどができないように慎重に作業が進められていきました。
手前にあるのが、クロスに糊付けする機械だそうです。
壁面でクロスの貼られていない箇所には、仏壇型納骨壇が設置される予定です。
こうして、壁面が完成しました!

続いて、床の施工が行われます。

壁と同様、床の下地部分もパテで目地埋めされ
接着剤が塗られます。
そこに木調のフロアタイルが貼られていきました。
木目調の雰囲気が加わることで、堂内がぐっと引き締まっていくように感じます。
床下点検口も、木目がとても自然なので、床に溶け込んで見えます。

こうして、内装も美しく整えられ、建築工事もいよいよ終わりが見えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。