カテゴリー
行事

おみがき

浄土真宗では報恩講を前に、仏具をきれいにする「おみがき」の習わしがあります。
この度、報恩講のご法座を前に、仏教婦人会有志の皆さんがお集まりくださって、輪灯の おみがき をしてくださいました。

洗浄液につけて表面の汚れを落とします。
水を拭き取り、専用のハケでこすって細部の汚れもとっていきました。



おかげさまで、一年間のさびや煤が綺麗になり、輝きを取り戻した輪灯。
写真では少しわかりにくいかもしれませんが、ぜひ、報恩講の法座にお参りいただき、ご覧ください。

また、本堂の座布団カバーも、綺麗に洗濯したものに入れ替えてくださいました。有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

徳正寺からのお知らせを受け取りますか?    受け取る 要らない