カテゴリー
法座

永代経法座

10月29日・30日は、永代経のご法座でした。
いつも永代経の朝席では正信偈に続いて大経、観経の巻頭をお勤めするのですが、この度の勤行はすべて阿弥陀経で行いました。

ご講師は清胤弘英師(安芸太田町 正覚寺)。
善導大師のお言葉『経教はこれを喩うるに鏡のごとし』を丁寧に紐解いてくださるとともに、仏さまの教えである経を鏡とするときに見えてくるものとして、『慢性 無自覚 自己中心 症候群』という私たち誰もがかかっている病気とその症状について、お話くださいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

徳正寺からのお知らせを受け取りますか? 受け取る 要らない