カテゴリー
徳正寺納骨堂 勝縁廟

基礎工事 着々…

勝縁廟の基礎工事が進んでいます。

まず、重機と手作業で基礎の底辺まで土を掘る作業が進められました。

地盤補強のために打ち込んである杭を損わないよう、細やかな手作業が必要です…。
掘削した土。ものすごい量です。

そして、掘削した部分に砕石(さいせき)を入れて、地面が固められていきます。

地盤補強の杭が並ぶ筋と筋の間には、砕石を混ぜながら、台形の綺麗な島がつくられていきました。

砕石を入れた上にコンクリート(捨てコンクリート)を流していきます。

こちらもまた、細やかな手作業が続きます。
完成!
ここが、正面ポーチ、スロープ部分になります。

防湿シートを敷き、その上に断熱材を敷き詰めていきます。これはこの度の勝縁廟で採用する床下空調システムを取り入れる上で非常に重要な『基礎断熱』となります。

防湿シート。
断熱材。地盤の杭に合わせて断熱材は適宜くり抜いて敷いていく現場の皆様の細やかな作業。
さらには、台形の島があるので、それに沿ってきれいに敷きつめるため、パズルのような作業が続きます。
ご覧ください

次はいよいよ、鉄筋を組んで本格的な基礎がつくられていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

徳正寺からのお知らせを受け取りますか?    受け取る 要らない